求人応募で意識したい事

良い求人を逃がさない

クリエイティブ

求人に応募する際のNGワード

求人に応募する際に意識しておきたいのは、積極性です。仕事に対してどのぐらい意欲があるかということを伝えるのはとても大事なことで伝え方によっては印象が悪くなってしまうものです。例えば、求職活動中のNGワードとなるのが今は何もしていませんと言うことです。仕事をしながらではなく、やめてからの求職活動の場合には、仕事を何もしていない、と言うのは間違ってはいませんが、ストレートに伝え過ぎです。プログラムの勉強をしています、ですとか、資格取得のために勉強しています、など、良い求人を逃がさないためには、仕事はしていないが積極的に活動している、と言う現状を伝えることが大切です。

面接受ける時のNGワード

求人に応募し面接を受ける際、面接官がこの人はどういう人物、性格であるか知るために様々な質問をしてきます。その中で例えば、前職を辞めた理由というのがあります。その際、人間関係による理由で辞めたということを言ってしまうと、あまり良くない印象を与えてしまいます。なぜなら人間関係というのは、どこの会社でもありうることであり、面接官は、この人は人間関係が合わなければまた辞めてしまうんだろうなと思ってしまいます。このように、社会ではよくある問題点をあげるというマイナスな理由はNGワードです。会社は求人で前向きで一生懸命働いてくれる人物を採用したいのです。

↑PAGE TOP